ピアノ奏法一覧

数を数えると、1つ1つの音が独立してしまって、まとまりとして聴こえて来ない。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室 『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。 昨日投稿の記事、 本来なら、感覚として、 数も数えずに演奏出来るといいのですが、 小さな生徒さん達にはまだ難しく、 かといって数を数える事が さっとできる場合と出来ない場合もあります。 やっぱりそんな時は、 言葉

くりかえし、くりかえし・・・。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室 『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。 練習するという事は繰り返すという事です。 毎日毎日同じ事を繰り返す。 これが練習。 怖いのは、間違ったままでも繰り返される事。

小学校二年生の生徒さん、譜読みからちょっと離れて、和音奏に取り組んでみました。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室 『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。 お教室のレッスン課程の中には、 <strong>コードネームを使った演奏</strong> というものが含まれていて、 小学校の教科書で扱われる和音が 小学校の5年生ぐらいなので、 <strong>それに合わせて</strong> と、 <strong>譜読みが落ち着いた頃</strong> の時期に合わせて扱います。