鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室『お教室の様子』ブログです。

IMG_0170IMG_0169

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

ピアノを弾く為には、どうしても譲れない手の形というものがあります。
これは、出来るまでしつこくしつっこく注意します。^^;

曲が弾けなかったり、間違ったりするのは、後からでも直せますが、
1度ついた手の癖は、なかなか取れません。
下手するとその手の形のために、
身体に痛みが出たりする可能性も。(;_:)

また、きちんとした手の形が身に付くと、
曲の難易度が上がって、
速度を上げて演奏しないといけなくなった時、
手の形による演奏のしにくさは無くなるので、
別のことに意識を向けられます。
例えば、譜読みだったり、指使いだったり。

なので、最初から、うるさく注意します。(^^ゞ

生徒さん達は、手の形よりも、
音の弾き間違いや曲の速さをとても気にしますが、
それよりももっと大切だと思っているので、
まず、手の形を直そうかーと声をかけるようにしています。

まだ、小さい生徒さん達は、
指だけでピアノを弾くと思っているので、
指を振り上げて、1回1回手首の重さで弾こうとするので、
きちんとした手首の位置に直そうとすると
音が小さくなって、
とても嫌がりますね~。(^^ゞ

実際は、1音1音手首を振るという事は、
まずは、自分で拍をカウントする事が出来ていないという事です。
そして、音楽を縦にとらえているという事でもあります。

ピアノは、打楽器で、指で叩くという構造上、
どうしても、上下運動になりやすいです。
だから、かえって、指(手首)の型(位置)を直す事は、
基礎部分にも触れる事だと思っているので、
やはり、きちんと直したいんです。

小さい生徒さんや習い始めの生徒さんは、
指が弱くて、まだ支える事が出来ないので、
直ぐに直ってくるわけではないのですが、
それでもあきらめずに、
手を変え品を変え・・・(^^ゞ
頑張ります。(*^^*)

手(手首の位置)の形、大切です。(*^^*)