最初は、ひたすらまね、まね、まね

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室お教室の様子ブログです。

おはようございます。

小さい生徒さんは、
これが四分音符で〜とか
たんと叩くのよ〜とか、
(ぼちぼち教えてはいますが)
直ぐに出来ないので、
まずは、ひたすら真似をさせて、
形で覚えさせます。

よくテレビなどで、
暗記力のすごい子どもさんが紹介されていますが、
子どもは、パターン(型)認知力が高いのだそうです。
それも、小さいうちだけだそうで、
この時期には、ひたすら覚えさせるのがいいらしい。

学習塾などのプロモーションビデオ(紹介ビデオ?)でもありますよね。
カードをパッパッパと変えて見せて行って
学習させるというもの。
(実は、我が子が小さい時に試してみました。
うちの子どもは、のんびり屋さんで、
その結果、パニックに陥りました。(;_:))

この方法も、それぞれなんだという事が解ったので、
生徒さんも、合う生徒さんだけやっています。

さて、本題は、真似をさせるという事でした!

ひたすら、まねです。

(講師)たん・たん・たん
(生徒さん)タン・タン・タン

(講師)たん・たた・たん
(生徒さん)タン・タタ・タン

子どもってす~ぐ出来るもんなんですよ。(*_*;

曲の方は、耳から聴かせて覚えさせるはやめときます。
楽譜を読めるようにしたいので。(*^^*)
リズム打ちや階名唱だけです。