メトロノームの使い方

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室『お教室の様子』ブログです。

lgi01a201402200400

『意外と知られていないメトロノームの使い方』

昨日気づきました(-_-;)
遅い…?

メトロノームは
メモリを合わせて
スイッチを入れる

『それぐらい知ってます!』

そこまでは、
分かりますね
(今は電池式が多数販売されています)

そこじゃなくて
音の速さに
意外と
合わせられないんですね(-_-;)

走っている車に
飛び乗ろうとしたら、
同じ速さで走ってから
飛び乗りますよね。
(飛び乗りはダメです!けど(^^ゞ)

走らなくても
まず、その速さを
目測して
『エイッ』と
飛び乗りますよね
(くどいようですが…飛び乗りはダメと思う(・・;))

それと一緒で、
メトロノームに合わせて弾く為には
まず、その速さを
頭の中で感じてから、
弾き出します。

速さが解っていない時に
弾き出しても
合わせて弾く事は出来ません。

(おっとっと~(^^;)

しっかり
速さを
解ってから弾く。

これが
メトロノームの使い方ですよお(#^.^#)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする