メトロノームを使って、手を叩く。振り子では無く、音に合わせるのがいい。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。

ぴぴピアノ教室メトロノーム

『先生メトロノーム使ってもいいですか?』

『いいけど、何を勉強するの?』

ピアノの演奏をする時には、
速さというものが必要になります。

早くなったり、
遅くなったりせず、

一定の速さで、
を刻みます。

メトロノーム

曲を一定の速さで演奏する為には、
メトロノームに合わせて
何を練習すればいいかというと

ズバリ!

メトロノームの音に合わせて
正確に手を叩く事

です。

え?(*_*;

それだけ?

それだけです。(^^;)

やってみると
これが意外と出来ていないんですね。

曲には、
もともと少しの揺らぎがあって、
きっちりかっちりの速さでは
演奏しないんです。(^^♪

例えば、

音楽記号の
アッチェレランド=accelerandoでもわかるように
コレの意味は、
『だんだん早く演奏する』ですから、

一定の速さで弾か無いこともあるというのが
おわかり頂けると思います。

なので、
『曲の練習にはメトロノームは使わない方が良いよー』
と普段、レッスンでは言っています。

それでも、
『拍』を感じる為には、
正確に手を叩く必要がありますから、

それなら、
メトロノームの音に合わせて手を叩く
のがお薦めです。

振り子に合わせて

では無くて、

音に合わせます

やってみてください。(*^^*)

意外と難しいです。(^^;)

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室体験レッスンのお申し込みは、

 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

 icon-star お電話はこちらから
icon-phone 090-1167-1759(10:00-19:00)
(レッスン中は、電話に出られません。メッセージを送信してください。)

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly