将来の選択肢はこんなにあります。

832641

ピアノを習っていると
将来の職業の選択肢が出来てきます。

ピアノ講師
小学校の先生
小学校の先生
高校の先生
幼稚園の先生
保育士
音楽療法士
ブライダルプレイヤー
作曲家
演奏家(ピアニスト)
等々。

趣味の範囲では、
気の合った仲間とバンド活動
作曲をしてユーチューブにあげたり。

職業にするためには、
それなりに勉強は必要ですが、

ピアノはその時になって、
すぐに身につくものではないです。

子どもの小さいうちから準備しておくと
楽しみながら焦らずゆっくり取り組んでいけて、

感受性という心の発達にもとてもいいし、
脳科学の分野からも
素晴らしい効果をもたらすらしいピアノ。

そして、課程を終える頃には
必要なことが身についているという
有意義な習い事の一つだなと思います。( *´艸`)

大きくなってから習い始めると
楽しみではなくて
取得しなければならないこと
になってしまうので、

小さいうちからがいいんですね。(^_-)-☆

シェアする

フォローする