鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。

729549

ピアノの鍵盤の弾き方は、
『打鍵する』と言うんですけど、
アコースティックピアノの場合、
叩く瞬間に指を下ろす速度、勢いがないと
音がなりません。

 

 

強い力ではなくて
勢いです。

 

小さい音で弾く時も
大きい音で弾く時も
勢いが必要です。

 

その瞬間の勢いです。

 

なので、
押さえつけた弾き方とは違うんです。

 

押さえつけたからと言って
大きな音にはなりません。

オルガンの場合、
どんな弾き方、押さえ方でも
音がなります。

 

なので、
アコースティックのピアノの場合は、

手首の上下運動や
リボン体操
太鼓叩き

などで
感覚として掴んでもらいます。

 

太鼓を叩く時、
遠くまで響くような良い音を出すには、
やはり勢いです。

押さえつけると
くぐもった変な音になって
響くような良い音にはなりません。

ピアノの打鍵の仕方と
太鼓を響くように叩く叩き方はとても良く似ています。

太鼓をばち(スティックともいう)で叩く時、
押さえつけてみてください。

良い音では、
叩けません。

跳ね返りを受け止めるように叩くと
とても良く響く音で叩けます。

これはピアノも一緒。

叩く瞬間は、
勢いで叩きますが、

その後は、
押さえつけずに跳ね返りを
受け止める感じで
力を上に抜きます。

この弾き方だと
音もよく響くし、
トリルや早い音の羅列も
うまく弾けるんですね~。(^_-)-☆

 

 

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室

体験レッスンのお申し込みは、
 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly