まずは、音固有の読み方を勉強しましょう。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室『お教室の様子』ブログです。

おはようございます。

教室教材:パターン練習

教室教材:パターン練習

子どもの生徒さんの場合は、
音の羅列を覚えるパターン練習では無くて、
音名読みから入ります。

大人の生徒さんの場合は、
パターン練習も同時に行います。
(音一つ一つの名前を読まなくても、
音のまとまりを幅で読む方法)

理由は、大人の方は、子供時代に受けた音楽教育が素地にあるからです。
そして、今更、音1個1個の名前を覚える必要性が無いから。
まず、弾いて楽しむ…という事が目的だからです。(*^^*)
もちろん、ご希望の方は、しっかりと基礎教育も行いますが。

慣れてしまうと、パターン練習は、楽です。(^^;)
でも、音一つ一つが持つ名前を勉強してからでないと
いつまでたっても音の固有の名前を覚える事が出来ません。

譜読みの段階で、講師側が手とり足とりしていたのでは、
なかなか身に付きません。
自宅練習でもそうです。
親御さん、又は家族の方が手を貸してしまった生徒さんも
なかなか覚える事が出来ないのは、こうゆう理由からです。

まずは、音一つ一つの名前をしっかりと読めるようにしましょう。
その方が近道だからです。(*^^*)

頑張りましょうね。(*^^*)