勉強の暗記法と一緒

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室『お教室の様子』ブログです。

117466
おはようございます。

単語表などを壁に貼っておいて
朝晩、眺めているといつの間にか覚えて行きます。

ピアノの用語の場合は、
特に音固有の階名(音名)は、
眺めたり、楽譜の音の場所を記憶しておいて
実際、音名や階名が書かれたものをみて
確認しながら覚えて行く方が早いです。

もちろんノートに書いたり、
お教室独自の方法で遊びながら…でも
もちろんいいと思います。

なかなか成果が上がらないのは、
1回1回その都度数える…というもの。(-_-;)

曲の演奏を中心に、レッスンしているお教室では、
覚えた音を中心にした曲の練習を
毎日しっかりと練習する事で
定着しているはずですね。

ただ、今は、ピアノだけの習い事だけをしている生徒さんが少なく、
塾などに通う年齢も低年齢化しています。

家で、毎日何時間も弾く…という練習方法を取っていらっしゃる生徒さんは
残念ながら少ないですね。

そんな時は、保護者の方にご協力して頂いて
毎日自然に目につく場所に、音符表などを貼っておくのも良いのでは?
と考えます。

繰り返し…という事が、一番大切ですね。(*^^*)