速さを変える為に、メトロノームの前の予備練習

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。

昨日よりブログのテンプレートが変わりました。
暫くこれで行こうと思います。
また、宜しくお願い致します。(๑˃̵ᴗ˂̵)

曲の演奏をする時、
様々な『速さ』で演奏するのは、
とても良い練習になります。

速さを変える方法として
よく使われるのが、
メトロノームですよね。

メトロノーム

こんな形のメトロノームは、
ネジ式です。

一杯巻いてから、
巻き切ったネジが全部解けるまで
動いてくれます。

この形のメトロノームを使う時は、
つい振り子を目で追って合わせてしまいますが、
基本、耳で合わせます。

メトロノームに合わせるのは意外と難しい

メトロノームの振り子の振り幅が、
予測出来ないと
次々と鳴る音が、
わかりません。

ここでの振り幅は、
機械の構造上の意味合いでは無く、
音と音との幅のこと。

ゆっくりの場合は、
音と音との間が長くて、

早い場合は、
短い、
という事がわからないと
『速さ』を変える事が出来ません。

なので、
メトロノームを使う前に
手拍子をやってみます。

ゆっくりの速さの時は、
両手を左右に大きく広げて叩くと『速さ』を捉えられますが、

早い場合は、
左右に大きく振り上げていたら、
店舗に乗って叩く事が出来ずに遅くなってしまいますよね。

こんな場合は、
少しの振り幅で、
手を叩きます。

まずは、
速さを感じてから、
メトロノームに合わせると上手くいきます。

直ぐには出来ないので、
繰り返し繰り返し手拍子をさせてみてくださいね。

今日は、
速さを変えるための手立てでした〜。(^^)

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室体験レッスンのお申し込みは、

 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

 icon-star お電話はこちらから
icon-phone 090-1167-1759(10:00-19:00)
(レッスン中は、電話に出られません。メッセージを送信してください。)

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly