小学校3年生の生徒さん、クラシックがお好みのようです。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。

ピアノ用の教本は、
『ピアノを弾くために考えられた教本』なので、
最初の段階から難しいリズムや
難しい指遣い等は出てこず、

段階を踏んで出てくるように考えられています。

J-POPなどの曲は、
元の音楽は『歌う』曲なので、
歌詞に合わせてメロディが作られています。

J-POPは、日本で制作されたポピュラー音楽を指す言葉であり、1989年頃にその語と概念が誕生した後、1993年頃から青年が歌唱する曲のジャンルの一つとして広く認識されるようになった。J-POP以前と以後の違いは、BPMの早さや洋楽の影響を受けたメロディ,コード進行,リズムにある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さて、ぴぴピアノ教室は
『好きな曲でレッスン』
なので、
みんな思い思いの曲を練習していますが、

classic派の生徒さんもいれば
J-pop派の生徒さん、
童謡などの曲が好きな生徒さん、
学校の教科書の曲が好きな生徒さん

といろいろです。

小学校の3年生から習いだして数か月、
メヌエットト長調、
J-pop、
現在『エリーゼのために』を弾いている生徒さん、
どうやら、クラシックの方がお好みです。

クラシックとは、「階級」を表すラテン語「class(クラス)」に由来し、「最高クラスの」=「一流の」という意味であるが、ここから転じて「古典」、「格式のある」の意でも用いられる[1]。文学、音楽などの芸術作品や服装、行事に対して用いられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

上の抜粋された楽譜を見ると
流石に習い始めの最初から、
J-popの曲は難しいように感じますね。

でも、まだ弾かせてみないとわからない部分があって、
弾きたい曲の楽譜を最初から与えます。

これで、
大体の目星を立てて
次の曲の難易度を決めていきます。

難易度は、
あくまで参考なので、
生徒さんから、
難しいのがいい
と言われた時には、
少し難しめを選んだりします。

余談ですが、
J-popは意外と自分で指遣いを決めて、
少々窮屈な指遣いでも
弾ける場合があります。

クラシックの方は、
演奏するのに指遣いを工夫しないといけない場合が
あるので、
自由に弾きたい生徒さんの場合は、
J-pop、

指遣いまで決めてもらいたい生徒さんの場合は、
クラシックの方がおすすめな場合があります。

あくまで『参考』ですが。(*^^*)

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室

体験レッスンのお申し込みは、

 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

 icon-star お電話はこちらから
icon-phone 090-1167-1759(10:00-19:00)
(レッスン中は、電話に出られません。メッセージを送信してください。)

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)
Google+
follow us in feedly