付点は、スキップのリズム。考えさせて、弾いて見せて、聴かせてみる。

ぴぴピアノ教室は、教室にグランドピアノが1台、アップライトピアノが1台、キーボードが1台置いてあります。なので、一緒に弾く時は、同じ鍵盤で弾くか、逆向きに置いてあるアップライトピアノで弾く事になります。

指の形、手の形を見せたい時は、この様に隣に腰掛ける事が多いです。生徒さんから見て、自分の手の様に感じてもらう為です。ちょっとお行儀が悪いですが、後ろから生徒さんを跨いで弾く時もあります。

良い演奏の為には、手首の高さの位置、指の何処で弾くか、手の構え方などなど、注意してもらいたい事がてんこ盛り。

でも、流石にいちいち伝えていたのでは、生徒さんもうんざりしちゃいますから、弾いて見せる、弾いて聴かせる、という方法も有効活用です。

さて、今回は、付点のついた曲を演奏する方法でした。付点がついた音楽は、スキップのリズムを考えさせると同時に意識改革がどうしても必要です。それは、鍵盤を押さえつけて弾かないという事です。鍵盤の上でバウンドするので、スキップの時、地面を蹴るという事と同じ様に『鍵盤を蹴る』という感覚なのですが、これの時、押さえ付けてしまうと上に跳ね上がる力を利用して演奏する事が出来ません。結果、倍以上の力が加わってしまって、『難しい』につながってしまうんですね〜。

子どもさんは想像力が、まだ乏しいので、こんな感じかなと考えて理解出来る大人の方とそこが違うポイントかなと思います。分かるまで繰り返す必要があるかなと思います。付点は、スキップのリズムで、理解出来れば難しくはないです。好きな曲の中の部分なので、考えて弾いてくれるといいなあと思います。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室体験レッスンのお申し込みは、

 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

 icon-star お電話はこちらから
icon-phone 090-1167-1759(10:00-19:00)
(レッスン中は、電話に出られません。メッセージを送信してください。)

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)
Google+
follow us in feedly