ピアノの練習は、習慣化させよう!合わせて、この事に注意。

習慣化!

これは何か始めるとよく聞かれるようです。
私に例えると『腹筋をつけたいなあ』
という時にネット検索で見られるのは
『1日3分、○○を習慣化しよう!』
というもの。

【言うは易く行うは難し】
口で言うのは簡単なんだけど実際に行動するのって難しいなあ

というのは、よくわかっていますが、習慣化というのは、
一番効果の高い方法だと思っています。

継続は、その事を毎日繰り返すのですから、
絶対に効果があります!

ただし、
継続前に注意して欲しい事は、
間違った方法を繰り返さない事です。

いきなり練習しだすのではなくて、
弾き方、手のフォーム、鍵盤の場所
音をしっかり確認してから、
継続させたいです。

まずは、
習い始めていきなり練習させなくてもいいので、
講師側と連携を図ってみてください。

習慣化という事は、毎日練習するの?

結論から言うと
基本的に毎日練習する頻度での
習慣化がいいと思います。

私の教室では、
ピアノに触らない日を作らないで欲しい
とお願いしています。
たとえ、課題曲の練習をしなくても、
ピアノの鍵盤には、遊び弾きでもいいので、
毎日触れて欲しいです。

まずは、鍵盤に触ることについての
習慣化です。

それが出来たら、
次は、やはり『課題曲の練習についての習慣化』です。
でも、合間には、課題曲を練習したくない日もたまにはあるでしょう。
そんな時にも、鍵盤に触って欲しいです。

なので、この事についての習慣化ですね。

何年も練習していて、
または、習っている期間がすごく長くなってきた場合、
達成内容にもよりますが、
この時の習慣化の間隔は、
少し空いてきても大丈夫だと思います。

もう弾き方とか、指の動かし方がわかっているので、
2・3日の間隔があいても
そこまで差しさわりは無いでしょう。

子どもさんの場合は、
まだ、ピアノ曲を弾く
という事よりも
『指を1本1本動かす』の方が
とても大変です。

なので、まずは、その部分について
習慣化できるといいなと思っています。

習慣化するための手立てとして

これは言わずもがな、
『練習しなさい』という声掛けではありません

まずは、
一日のうちのどこで練習するか
お子さんと話し合う事です。

タイムスケジュールを書き出して、
きちんと計画を立てる事です。

ある生徒さんと話しながら書いた一日のスケジュールです。 カレンダーの裏ですが(^^;)

答えを導きだしてはだめですよ~
自分で考えさせましょう。

『ここの時間で練習すれば?』

ではなくて

『どこに練習を入れる?』

です。

上手くいかない時は、
何回も修正をかけさせてください。
これが習慣化につながっていくと思います。

自転車をこぎだす時、
最初は、力がいりますよね。

でも、動き出すと楽です。
坂道じゃない限り、
すいすいとこげます。

ピアノの練習も一緒です。
まずは、習慣化するまでが、
ちょっと大変で力がいる部分です。

習慣化すると継続する事が
少し楽になりますよね。

習慣化というのはこういう事なんですね。