ピアノを習い始めた時の一連の流れご紹介。

昨日は、可愛いご兄妹の体験レッスンでした。
いまちょっと平日のレッスン枠がなくて、申し訳ないのですが、今少し、ご入会は、お待ち頂く事になりました。

体験レッスンは、レッスン時間内ですので、時間が限られていますから、ご説明するのが少し不足する時があります。

きちんと説明文を準備してお迎えしないとなあ、と思う事でした。

この場を借りて、一連の流れを書いておこうと思います。

体験レッスンにお申込み頂く

ブログやHPをご覧になられてこの教室良さそう・・・( *´艸`)と思って頂いたら、とりあえず、体験レッスンにお申し込み頂くと良いかと思います。

ご入会、如何より、まずは、ピアノのレッスンがどういうものかがおわかりになるからです。
講師の人柄も何となくわかってもらえますので。

申し込みの際、体験レッスンが出来るご希望の曜日時間帯をいくつかお知らせ下さるとありがたいです。

ご入会後は、楽器が必要になります。

体験レッスン後は、ご希望の日・時でのレッスンスタートになります。
お家での練習では、必ず、楽器が必要です。
楽器をご準備ください。

ぴぴピアノ教室では、グランドピアノでレッスンになるので、
電子ピアノかアップライトピアノかグランドピアノをご準備ください。

キーボードは、お勧めできません。

鍵盤の様子が少し違いますので、弾き辛くなってピアノに苦手意識を持つことがあるからです。
楽器関係でお困りのことがありましたら、
ご遠慮なくご相談くださいませ。(*^^*)

いよいよ、レッスン開始!

ご入会になりましたら、レッスン開始です。

レッスンが始まったら、お家での練習が欠かせないです。

ただし、ぴぴピアノ教室では、【自立】という事を重視しています。

ピアノを弾く時、『こんな風に弾きたいなあ』とか、『あの人の弾き方どんなふうにしているんだろう』とか、自分で考える事がとても大切です。

言われたようにピアノを弾くという事は、【自分考える】という事が出来ないのと一緒です。

なので、保護者の方にお願いしたいのは、最初から『練習しなさい』という言葉かけをしない事です。

ほおっておく、という事ではなくて、最初は、『練習の仕方』をレッスンで練習しますから、まずは、練習の仕方が定着するまで、お待ちくださいね。

後は、生徒さんが必要な練習を自分でします。

日頃の成果を弾き合い会で発表する

ぴぴピアノ教室では、弾き合い会が年3回あって、そこで日ごろの成果を発表します。

ここで、注意!
この弾き合い会は、他のお教室のように、ある1曲を仕上げて発表ではありません。

今現在練習している曲を途中であろうが、仕上がりいかんにかかわらず、『発表する』会だという事です。

もう一つは、自分の持ち曲から『何回でも発表できる』という事になります。

ぴぴピアノ教室では、弾けるようになった曲は、それで終わりではありません。
何年も・・下手すると一生弾き続ける曲になります。

ピアニストと一緒ですね。
ピアニストの方も得意な持ち曲というものがあって、アンコールなどでは、急遽であっても弾ける曲がありますから。

弾き合い会の目的は、音楽を素敵に演奏する事、一緒に頑張っている普段会えない仲間の演奏を聴いて賞賛する事、です。(*^^*)

3回もやっていると
【○○ちゃんの演奏がまた聴きたいなあ】
とか、
【○○君、上手になってきたねえ】
というのがわかるようになってお互いに励みになります。

最後に

ご縁あって、ぴぴピアノ教室にご入会頂けたのですから、精一杯、レッスンさせて頂きます。

人は、いろんな方がいますね。
レッスンも100人いれば100通りのレッスンがあります。

みんなに上手になってもらいたいです。
みんなが上手になるための手立てを考えます。

お家の方もどうぞ興味を持っていただいて、レッスン時に教室の中まで足をお運びください。

素敵な音楽を奏でているお子さんの演奏に耳を傾けて頂きたいと思います。(*^^*)

どうぞよろしくお願いいたします。