ピアノで得られる2つの幸せ。子ども達が成長する瞬間はこんな時。

最近、小学校でのクラス合唱の伴奏曲を弾きたがる生徒さんが増えて来ました。
とても嬉しい事です。
以前もボランティアなので…と言う記事を書きました。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室 『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。 小学校や中学校の音楽活動の中で、 【ピアノで伴...

ピアノには、まずは自分が勇気付けられたり、元気になったり、達成感を得たり慰められたり感動したり。
する事があると思っています。

もう1つは、他人に幸せを与えられるものだと思うんです。

実はね、
私もクラスの合唱の伴奏をした事があるんです。

その頃は、上手でもなくて、他にいなかったから弾いたくらいのものだったんですけど、長年経って、昔のクラスメートにあったんです。
35年ぶりぐらいですよ。

その人がいきなり話し出した事は、あの練習の頃は、楽しかったよね。
『いい思い出だよね。』
『いい歌だったよね。』
『いい曲だった。』
『伴奏をしてくれてありがとうね』
って。

その伴奏をした時は、私自身、何とも思っていなかったんですけど、人の心に残ったんだな喜ばせる事ができたんだなとその時思いました。

『上手』『下手』とか、曲を弾き間違った話とかでは無くてありがとうって言ってもらえた。

その時は、うまく弾いたとは全くも思わないし,はっきり言って忘れてたぐらいだったんですけど、その久しぶりにあった友達の心に幸せを残せた事が分かって、私もとても幸せになりました。

形が無くても一生懸命取り組んだものは、何かしら人に感動を与える事が出来るんだなと思います。

曲の完成度も大切ですが、クラス合唱の伴奏に手をあげた事、1人で伴奏の練習をした事、決して無駄では無いと思っています。

頑張って名乗りを挙げたものの、苦手な曲だったり、昨今は、オーディションなどがあって、選ばれなかったりする事もあるでしょう。

でもね、
『伴奏をしよう』
『やってみよう』
と思う事は、とても大切な事です。

『結果じゃ無いんだよ』
『その瞬間が素晴らしいんだよね〜』
と子供達に伝えたいなと思います。

ピアノを習っている全ての子どもたち、ピアノを習う事で得られる経験は素晴らしいよ。

いろんな事にどんどんチャレンジして欲しい。

どんどん名乗りをあげて欲しいと思います。

今日は、長くなってしまいました。
お読みくださってありがとう。