コンクールに参加させようと思われるのでしたら。

おはようございます。

鹿児島と言えば、参加出来るコンクールの一つに
グレンツェンピアノコンクールと並んで
南日本ジュニアピアノコンクールがあります。

昨日付けの新聞で課題曲が発表されていました。

南日本ジュニアピアノコンクール:課題曲一覧

南日本ジュニアピアノコンクール:課題曲一覧

3か月の中で、予選曲と本選曲を仕上げないといけないので
なかなかハードだと思います。
(本選は、予選の1か月後ですが、弾き込みが必要ですね)

コンクールに出るのも一つの選択肢ですが、
いいかげんではやはり楽しめないと思うので、
しっかりと前準備をして臨みましょう。(*^^*)

コンクール参加を考えておられるなら、
せめてアップライトピアノがいいです。

本番は、グランドピアノです。
キーボードではちょっと無理だと思います。
(キーボードもいろいろありますが)

もし、お子様にコンクール参加を勧めようと
思っておられる親御さんがいらっしゃいましたら、
早い段階で、生ピアノにされた方がいいと思います。
早ければ早いほどいいです。

お子さんは、日々成長されるので、
耳もどんどん育って行きます。

鍵盤を叩く指も。

音楽は、何の楽器でも楽しめますが、
コンクール参加は、
それなりの覚悟(楽器も含めて)が必要なんです。