最初は、鍵盤の幅、音の場所を確認しながら。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室、いのうえちづよです。

おたより発行:遅くなりましたが(^^;)H27.7月号です

おたより発行:遅くなりましたが(^^;)H27.7月号です

子供さんは、
記憶力がいいので、
楽譜を読む前に
曲を聴かせてしまうと
覚えて弾いてしまうので、

子どもの生徒さんには、
まずは、
自分の力で
楽譜を読む事を教えています。

大人の生徒さんは、
反対の方法を取っていますが。

…と以前書きました。

保護者の方から、
うちの子は
ほとんど楽譜を見ないで弾いている
どうしたらいいだろうか

とご相談を受けました。

実際に、
習い始めのごく初期は、
まだ鍵盤の位置
鍵盤の感覚覚えられていないので、
鍵盤を見ないと弾けない時期もあります。

が、しかし、

最初でお話したとおり、
子供さんの記憶力は抜群なので、
4小節ぐらいの曲は、
2・3回聴いただけで覚えてしまいます。

歌って弾く、
という事をしている時は、
特に覚えてしまうので、

そんな時は、
最初は
楽譜を見ている事に
違いは無いので、

鍵盤の場所鍵盤の幅が覚えられるまで
ちょっと余裕を下さいませ。

ちゃんと、上達していますよ。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室体験レッスンのお申し込みは、

 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

 icon-star お電話はこちらから
icon-phone 090-1167-1759(10:00-19:00)
(レッスン中は、電話に出られません。メッセージを送信してください。)

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly