今の時代に合わない練習方法。

綺麗な手

小さな生徒さんの手の形を直すか直さないかと言うのは、議論される事だと思います。

私の教室でも、昔は、あまり扱わなくてもいい部分として捉えていました。
何故なら、曲をたくさん練習する事で、掌の筋肉が鍛えられます。
また、ツェルニーやハノンなどのテクニックの曲などを練習する事で、その曲にふさわしい早さで演奏しないといけなくて、その為には弾き方を変える必要があり、早い段階で指が起きてくるので指全体でピアノを演奏する弾き方では、だめだったからです。

でも、毎日何時間も練習すると言う時間的な余裕が今の生徒さん達にはありません。

全員の生徒さんという訳ではありませんが、練習出来て、土・日のみと言う生徒さんもいるようです。

ですので、この何時間も練習したり、テクニック本を何冊も使って練習したりという方法が使えなくなってきたので、この練習方法は、もう今の時代には合わないのかなと思うんです。

そこで、ぴぴピアノ教室の生徒さん達には、早くから、楽譜をまとめて読む事に取り組み、指の形や弾き方にも気を配っています。

基本的な練習方法としては

小さい子供さん達は、指の使い方が、まだ上手く行きません。
c0b117014458365178346f902209f5e4_s

小さいお子さんは、お箸を握るのが難しいので、力の入れ具合がわからずに鉛筆で字を書くのも難しいですよね。

字の練習をするのと同時に、力の入れ方が出来て来るので、字を覚えて、さらに綺麗に書けるようになるという事です。

ピアノもテクニック本を使わなかったとしても、基本的にやっぱり曲の練習をしながら、手の形もきちんと直していくというのが合理的です。ですが、手の形を見直すぐらいに、ある曲を何回も何回も繰り返して練習をするまでの間に、やらないといけない事がたくさんあります。

一度に、1つから10個までの音を一瞬で読んでリズムも一瞬で把握し、鍵盤の位置も瞬時にわかり、使う指も瞬時に把握・動かすをする・・

どれだけ『瞬間理解』をしないといけないか、という事ですよね~。

分けてレッスンする

そこで、ぴぴピアノ教室では、2方面から分けてレッスンする事にしています。
曲の音を読んでリズムをつけて何回も繰り返せるようになるまでの間、簡単な指番号カード等で、指遣いの確認をします。

それから、手の演奏フォームを見直しながら、基礎練習も取り入れています。

実際に私のお教室の生徒さんは、長くて、1年たたない間に、自分だけの力で簡単な譜読みをし、指の形も弾き易い指の形になって行くようです。その間は、繰り返し繰り返し根気よくが必要です。

ですが、最初からこの事が出来ずに進んできた生徒さんは、2方面ともできずに、楽譜を読むのも困難で、指の形も弾くようには出来ていない、自己流弾きが多いようです。

勿論個人差はありますが、最初って本当に肝心なんだなあと思います。