鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、長谷場千津代です。

小指

指が寝ています。本人は弾きにくいので、この指の時と、他の指も気を付けていないと寝て来ます。

私が直したい手の形はこんな形です。

これ、最初で気を付けると
直ぐに直っちゃうのですが、
長く弾き続けた後では直りません。

間隔を脳が覚えてしまうから

間隔で覚えた弾き方は、
直ぐには直りません。

この画像のように、
横から見ている私にはわかりますが、
正面から見ている生徒さんには解りずらいからです。

子どもの指は全体的に弱いので、
最初から大きな音で弾く事は出来ません。
(個人差はあります。)
そして、鍵盤は指先で弾くという事をまだ知らないわけですから
教えてあげないといけないです。

また、弱い指や
安定しない指は、
こんな風に指全体で弾きたがります。

その結果、
指全体で弾いている音だけが
大きくなって来るんですね。

そうなると、
講師側も何回も繰り返し注意しないといけなくなるので、
生徒さんも嫌気がさしてくる・・

前は先生は何にも言わなかったのに、
何で急に言うんだろうとか・・(;´Д`)

曲の練習をしながら、
フォームも直さないといけないです。

という悪循環ですね。

最初から大きな音は要らないので、
よく音を聴いて、
音の粒を合わせるという練習が必要です。

これは、家で自分で練習出来ないので、
レッスンで、しっかりと頑張らせたいのですが、
この時期、
練習練習と言われちゃった生徒さんは、
弱い指で大きな音を出すわけですから、
形は出来ません。
(勿論個人差はありますよ~)

綺麗な手

モデルは生徒さん。ご協力頂きました。( *´艸`)

まずは、指、フォームと思っています。
野球選手や陸上選手もフォームを見なおした
なーんて事がありますよね。

スイミングも泳ぐ方法を教える前から
呼吸の仕方から練習していますよね。
呼吸が出来ないと結局泳ぐ事が出来ないからです。

こんな風にフォームが綺麗になってから、
弾くのは楽ですよ~。

指に力が入っていないのが分かりますよね。

次は、譜読みですね。

 

お問い合わせ&体験レッスンのお申し込みはこちらから
『お問い合わせ・体験レッスンお申し込みのページ』
★問い合わせメールは講師直通です。
《お尋ねになりたい事がありましたら、ご遠慮無くお問い合わせ下さい。》(*^^*)

 

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)
いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)
お役に立てそうな記事がありましたら、
ご遠慮なく、どうぞお役立て下さいませ~。(≧▽≦)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
宜しかったら、ぽちっと押して下さいませ。