曲の練習方法

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。

普段の練習曲を練習するには、
1曲を何回も繰り返して弾いていますか。

それよりもっといい方法は、
10曲ぐらいの曲を用意して、
ざっとでも最後まで、
1回ずつ通る練習方法が、いいです。
練習曲は、
例えば指を動かすため、
例えばスタッカートを練習するため、
表現するための指を作るための手段だと思っています。

野球の試合を思い浮かべて下さい。

一般に野球の練習試合は、
こなせばこなすだけ、
試合になれたり、
様々なピンチに対応するための度胸や、
技術の向上に貢献するものだと思っています。
(たくさんの素振りや、ダッシュやキャッチボールや、その他の基礎練習とはまた別なんですけど)

その練習試合にあたる部分が、
練習曲だと思って下さい。
ある曲では、
スタッカートを勉強でき、
ある曲では、レガートの練習ができ、
また、ある曲は、
短調の感じを味わう事が出来ます。

完璧な結果を出せる練習試合は、
ないですよね。
こうすればよかったとか、
ああすればよかったと反省することが、
次の練習につながっていくと思っています。

同じ1曲を
何回も練習して仕上げる事もいいですが、
たくさんの曲を味わう練習方法に変えてみると、
また、違った発見もあって、
特に小さいお子さんの場合は、
飽きないので、
練習がつらく無いものに
なったりするんじゃないでしょうか。

ちなみに、
勝ちを目指して、
取り組むの曲は、
コンクール曲とかになってくるのかなあと思います。

高校野球でいうと、甲子園ですね。

一つの練習方法として、試してみてくださいね。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室体験レッスンのお申し込みは、

 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

 icon-star お電話はこちらから
icon-phone 090-1167-1759(10:00-19:00)
(レッスン中は、電話に出られません。メッセージを送信してください。)

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly