鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、長谷場千津代です。

293834

わ~、我が子~(^^ゞ

 

『勉強しなさい』

とご家庭でお子さんに言ってます?

『宿題をしなさい』かな。(*^^*)

実は、
宿題にすぐとりかかれない子どもさんは、
宿題になっている内容が、(解き方が)
わからないことがあります。

一人で解くことができないのです。
それで、物凄く時間がかかるのがわかっているので、
とりかかれないという理由がひとつあるみたいです。

ピアノの練習も一緒です。

楽譜を読んで、
ピアノを弾くという事は、
実際、簡単には行きません。

なので、講師の先生方は、
いろいろと工夫されていると思います。

私のピアノ教室でも、
最初は、
遊び弾きをお願いしたり、
鍵盤で、曲を教えないでください
(楽譜を読めるようにしたいという目的がある場合)
とか、
まだ教えていない内容を
うろ覚えで教えないでくださいとか、
結構たくさんお願いしています。^^;

実際、周りの曲を弾ける人が、
鍵盤で教えてしまったりすると、
宿題を出す意味が無くなってしまう時もあります。

練習しなさいより、

先生が言われた、リズム打ちをやろうか?
とか
指の形を一緒にしてみよう
とかの方が、
思い出しやすいし、
お子さんも確認し易いです。

『練習しなさい』は、
漠然としていますから、
お子さんにとっては何をすればいいのか
わからない場合もありますね〜。

本来は、
レッスンで次に何をすればいいのか
講師側がきちんと確認して帰すべきなんです。<m(__)m>

ただし、宿題(ピアノ曲の練習)
は確かにあるのですが、
最初から出せない場合もあります。

それでも、
ピアノの前に座らせるには、
椅子の高さをいっしょに調節しよう
とか、
足台を一緒に作ろう
とか、
の方が良いです。(*^^*)

これも、立派な練習です。
意識がそちらにむきますから。(^_−)−☆

※足台について
教室では、牛乳パックをご紹介していましたが、
広島のピアノの先生が、読み終わった雑誌を使って
作られていました。
お手軽でいいですよね〜。
身長に合わせて、
減らしたり、増やしたりすればいいですし、
この方法もオススメです。

 

 

お問い合わせ&体験レッスンのお申し込みはこちらから
『お問い合わせ・体験レッスンお申し込みのページ』
★問い合わせメールは講師直通です。
《お尋ねになりたい事がありましたら、ご遠慮無くお問い合わせ下さい。》(*^^*)

 

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)
いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)
お役に立てそうな記事がありましたら、
ご遠慮なく、どうぞお役立て下さいませ~。(≧▽≦)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
宜しかったら、ぽちっと押して下さいませ。