耳で、音で合わせる重要さ

209464

レッスンの時に、演奏法を伝える為に、
同じ鍵盤で弾いて見せる事があります。

伝えたいのは、必要な音を出す為の弾き方やそれで出せる音です。
何の音か、いっしょに探す事ではありません。(^^;)
(最初は、楽譜の読み方をきちんと押さえますよ~)
がしかし、同じ鍵盤で弾くと生徒さん達は、指ばかり見ています。
(何の音かを見つけています)
音は聴いて来ません。(^^;)
なので、極力、別の鍵盤で弾くように心がけています。

例えば、生徒さんと同じ楽譜を演奏すると、
習いたての頃は、人の演奏など聴いてはいませんが、(^^;)
段々と違う音を鳴らしてしまった時の
響きの違いが感じ取れるようになりますね。

もちろん、個人差はあります。

講師側が伝えたい事は、ひとりでは習得できない事、例えば、
鍵盤の弾き方だったり、
指の形だったり、
手の形だったり、
音楽の表現の部分だったりします。

その事は、家での練習の上に成り立つもの。

まずは、指示が出たら、その部分は、
一人で弾けるようにする事が出来るという事ですから、
家で、繰り返し弾いて弾けるようにして来て欲しいです。

そこが出来たら、次に進めて行けますから。
頑張って下さいね。(^_-)-☆
寒くなって来て、生徒さん達も、ちらほら風邪が流行って来ています。
具合が悪い時は、お休みされて下さいね。
具合が悪い時は、
レッスンになりませんから。(^^;)

小さい子供さんは、具合が悪い事が上手く伝えられないので、
講師側も気は付けていますが、気づかない事も(;´Д`A “`

保護者様のアドバイスだけが頼りです。<m(__)m>
宜しくお願い致します。