歌詞のリズムや言葉の抑揚を使うと、演奏に生かしやすいです。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、はせばちづよです。

小さい生徒さんに
ピアノを弾かせる時、
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド~ icon-music
で歌う事もありますが、
歌詞が付いているものは、
歌詞で歌ってからピアノの演奏をする事が多いです。

また、リズムに言葉を付けて
リズムをわからせる事もありますね~。

ところが小学入学前の生徒さんになると
はなし言葉が片言のお子さんもいて、
言葉にリズムが付いているのが分からない事があります。

リトミックのお教室などは
リズムに言葉を付ける
という遊びを通して
段々と理解して行きます。

ピアノの教室でも、
歌う事で、
言葉のリズムをお勉強する事がありますよ。

P1010602

小学校の教科書から・・・今の物とはちょっと違いようですが(^^;)

例えばこの曲。

この歌を歌うと

タターンタという言葉のリズムがわかってきます。
P1010603

他に、『さーん』の部分、

音符にもスラーが付いていますから歌詞の歌い方で、

演奏の仕方も分かって来るというわけですね。(*^^*)

ごあいさつ

講師 プロフィール

レッスン・料金について

教材紹介

お教室画像

お教室ブログ

所在地

よくあるご質問

体験レッスンのお申し込みはこちらから
      ↓

『体験レッスンを申し込む』

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly