鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、はせばちづよです。

音楽は、お経の様に演奏するのではなく、
表情をつけて演奏します。(^^)
大きくしたり、小さくしたり、
ゆっくり弾いたり。

教室教材:おんがくのひょう

教室教材:おんがくのひょう

その為には、音楽の楽譜には、
音楽記号なるものがついていて、
それが記譜されていたら
忠実に再現する
というのが基本的に必要です。

記号がなくても音楽的に演奏するのは必要ですが、
ここでは『記号がついていた場合』について icon-hand-o-up

時々出てくる記号を思い出し思い出し弾いていたのでは
意味がありません。

かといって『ド』だけ繋がっている初期の楽譜には、
この記号がついていないものも多いですよね。

で、この音階です。(←しつこい(^^;))

まだ初期の生徒さんばかりなので、
たくさんは出来ませんが、
それでもpやfぐらいは出来ますし、

ピアノ Pフォルテ f
自然な感じでいうと
フェルマータやritなんかも

リタルダンドフェルマータ
つけやすいですね〜。

音階練習に入っている生徒さんは、
お家でも、
音階の練習をよくしているかもしれませんが
なかなか合格しない~
では無くて
これは合格して終わりになるものではないです。(*^^*)

疑問に思われたら、
ぜひお教室に足をお運びくださいませね。(^_-)-☆

また動画でもお見せしますね。

 

ごあいさつ

講師 プロフィール

レッスン・料金について

教材紹介

お教室画像

お教室ブログ

所在地

よくあるご質問

 

体験レッスンのお申し込みはこちらから
      ↓

『体験レッスンを申し込む』

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly