優しい音で。

世の中にはいろいろな曲がありますから、
曲に合った演奏というのも必要になって来ます。

ただ、指を早く動かし、
音楽記号を考えた演奏だけでは不十分で、
そこには、曲に対する気持ちも
あるといいと思うんですね。

それは、
聴いている人に対する気持ちです。

弾けば良いんでしょ

的なきもちで弾いても
聴いてる人は
嬉しくないので、
気持ちが伝わらないと思います。

かといって、
こんこんと説き伏せて
曲に合った演奏にさせても
それは、曲の気持ちが分かった事になりません。

生徒さんの中には、
この気持ちが
だんだんと伝わるように
演奏出来てきた生徒さんもいて

明らかに
ただ叩きつけていた演奏では無くなって来たな
と思うような演奏で
とっても素敵な音を出しているんです。

よく、自分の出している音を
聴いてくれているんだなと
思います。( *´艸`)

ごあいさつ

講師 プロフィール

レッスン・料金について

教材紹介

お教室画像

お教室ブログ

所在地

よくあるご質問

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)



Google+
follow us in feedly