『子どものピアノ教室』ブログ

タグ : 手の形

指の形をあっという間に直しちゃいます。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、長谷場千津代です。

おはようございます。
昨日は、ちょっと深刻なブログ書いちゃって(-_-;)

今日は、ためになるブログです。(*^^*)
(つもりです。(^^ゞ)

指の形をあっという間に直す方法です。

手の形は、鉄棒を握ったり、
物をつかむのに適しているように作られているので
手をゆる~く構えた時は、
指が、横一直線に並んでいませんよね。

ピアノを弾く時も一緒。
指が横一直線に並んで弾く事はありません。

一般に、一番長いと思われる中指は、
演奏中は、
黒鍵(黒い鍵盤)と黒鍵の間まで入り込んで
演奏していたりするからです。(*_*;

最初のレッスンでは、
生徒さんはこんな形で鍵盤を弾こうとします。
(モデルさんは、4歳のお子さん)

横一直線に指が並ぶので、
長い指が変な風に曲がってしまう事もあります。

シール無し鍵盤

口で説明してわかってもらえればいいのですが、
上手くいかない時は、
だいたいの鍵盤の位置をシールで
張っちゃいます。

シール付き鍵盤

シール付き鍵盤 手首の上のカップアイスは、手首を振らないようにする為ですが、遊びたくてうずうず…(^^ゞ

上から見るとこんな感じです。

上から見るとこんな感じです。

 

 

右:ドレミファソ 左:ドシラソファ 色は関係ありません。(*^^*)

右:ドレミファソ 左:ドシラソファ ここでは色は関係ありません。(*^^*)

第1ポジション(ド・レ・ミ・フ・ァ・ソまで)
の場所で、指の確認を使う間だけがいいと思いますが、
何となく鍵盤の長い位置は、どこでも弾いていいんだ
というのが解ってくればいいかなと思います。

わかってきたら、シールは取って下さいね。( *´艸`)

 

体験レッスンのお申し込みはこちらから

      ↓

『体験レッスンを申し込む』

 

ごあいさつ

講師 プロフィール

レッスン・料金について

教材紹介

お教室画像

お教室ブログ

所在地

 

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)
お役に立てそうな記事がありましたら、
ご遠慮なく、どうぞお役立て下さいませ~。(≧▽≦)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

 

 

1 2 »

★講師紹介

講師プロフィールへ

ぴぴピアノ教室講師
井上千津代
(いのうえちづよ)です。

★投稿カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter

Facebookページ

★アクセスカウンター

  • 240419総閲覧数:
  • 62今日の閲覧数:
  • 73昨日の閲覧数:
  • 880先週の閲覧数:
  • 1952月別閲覧数:
  • 141251総訪問者数:
  • 46今日の訪問者数:
  • 57昨日の訪問者数:
  • 567先週の訪問者数:
  • 1346月別訪問者数:
  • 74一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014-04-21カウント開始日:
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.