『子どものピアノ教室』ブログ

タグ : 鍵盤との設置面

生徒さんの第一関節の曲がりを直す為、私自身もやってみました。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、長谷場千津代です。

P1010224

生徒さんの気持ちになって
第一関節を曲げながら過ごしてみました。(*^^*)

大人の指でも第1関節曲がるもんなんですねえ。
(ちょっと痛かったです。真似しないで下さいね)
…という事は、
曲がらないようにも出来るって事だと思います。

大人の指は柔らかくないので、
曲げる為に力を入れますから、
指全体が、
真っ直ぐに伸びて来ますね~。

弾く形間違い

以前投稿の画像です。

子どもさんの指って
そういう意味からいうと
第1関節が曲がった上に、
反対に第2関節は、
曲げたままでピアノの鍵盤が叩けるから
やっぱり柔らかいんですねえ。(*_*;

お教室に入会して下さって8カ月のY君。

最初は、かなり指が柔らかくて、
驚くほど曲がっていました。

新しい生徒さんには、
最初は、指番号からだったり、
鍵盤の指の弾き方だったり、
譜読みに入る前に扱う事がたくさんあるのですが、
指が本当に柔らかくて、
まずこの事を直す事に力を入れてみました。

お家での練習曲は、
最初は無しです。

(しばらくしてから、
簡単な曲を渡してみました。)

このY君、
なかなかに理解力が高く、
慎重派だったので、
直ぐにやってみる
という方法は彼には合いません。

レッスンの度に画で見せたり、
力の入れ方の説明をしたり、
実際弾いて見せたりしていたら、
指が綺麗に立って来ました。

この生徒さんの場合、
ただ単に弾き方の問題だったので、
そこの所が生徒さん自身が分かって来ると
形が治って来ます。

実際は、
まだ指が柔らかいですから、
綺麗な形が分かったところで
これからたっくさん弾いてもらおうと思います。

P1010229

P1010230

第1関節が逆に曲がるような場合と
お山の形で弾く場合とは、
力の入れ方が全く違います。

鍵盤との設置方も違うので、
綺麗な音を出す為には、
②ような形がいいかなと思います。(^_-)-☆

(すみません。記載ミスです。(>_<)編集させて頂きました)

 

お問い合わせ&体験レッスンのお申し込みはこちらから
『お問い合わせ・体験レッスンお申し込みのページ』
★問い合わせメールは講師直通です。
《お尋ねになりたい事がありましたら、ご遠慮無くお問い合わせ下さい。》(*^^*)

 

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)
いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)
お役に立てそうな記事がありましたら、
ご遠慮なく、どうぞお役立て下さいませ~。(≧▽≦)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

★講師紹介

講師プロフィールへ

ぴぴピアノ教室講師
井上千津代
(いのうえちづよ)です。

★投稿カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter

Facebookページ

★アクセスカウンター

  • 240419総閲覧数:
  • 62今日の閲覧数:
  • 73昨日の閲覧数:
  • 880先週の閲覧数:
  • 1952月別閲覧数:
  • 141251総訪問者数:
  • 46今日の訪問者数:
  • 57昨日の訪問者数:
  • 567先週の訪問者数:
  • 1346月別訪問者数:
  • 74一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014-04-21カウント開始日:
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.