『子どものピアノ教室』ブログ

タグ : 電子ピアノの音量

電子楽器の音量には細心の注意を払って下さい。取り返しのつかない事にも!

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。

天体観測シルエット

電子ピアノ購入の目的のひとつに、
夜間やご近所への音問題がありますよね。

電子ピアノって音量が触れるので、
小さな音で弾く事が出来ますから、
必要の無い時も
小さい音で弾いている生徒さんがいます。

それは大きな間違い!

本当に止めて頂きたい事です。(;´Д`)

夜間の練習はやむを得ないので、
しょうがないのですが、
その際は、
ピアノの音量と一緒にして、
ヘッドフォンで練習して下さい。

ヘッドフォン無しの普段の練習まで、
小さな音量で練習すると
指のタッチがものすごく変わります。

簡単に考えている保護者の方は多いのですが、
子どもさんの弾く様子を見ていると良く分かります。

弾いている生徒さんは、
音が聴きずらいので、
鍵盤を押し込むように弾きだします。

弾く形間違い

結果、
第1関節から、
ぐんにゃりと曲がった
指の形になってしまっています。

子どもさんは、
もともとまだ指が柔らかいので、
強く押し込む癖が付くと、
最悪の場合、
そのように
指が曲がってしまったままになります。

鍵盤は押し込むようには弾きません。
どんなに押し込んでも、
音量は変わらないのです。
(打鍵の強さ、勢いでのみ音量を変えられます。)

弾く形ただしい

お教室にいらしている生徒さんには、
口を酸っぱくしてお伝えしていますが、

既に、家での練習を定着してから
お教室に入会される生徒さん。

直ぐには指の形が治りません。(;´Д`)

なので、音量には
細心の注意を払って下さいませ。

 

※関連した記事です。

電子楽器とアコースティックピアノは別物

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室体験レッスンのお申し込みは、

 icon-star こちらから
icon-hand-o-right 体験レッスンお申し込み・レッスンまでの流れ』のページ

 icon-star お電話はこちらから
icon-phone 090-1167-1759(10:00-19:00)
(レッスン中は、電話に出られません。メッセージを送信してください。)

※ご訪問、いつもありがとうございます。(*^^*)

いいねやシェア、とっても嬉しいです。( *´艸`)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

Google+
follow us in feedly
      

 

★講師紹介

講師プロフィールへ

ぴぴピアノ教室講師
井上千津代
(いのうえちづよ)です。

★投稿カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter

Facebookページ

★アクセスカウンター

  • 240565総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
  • 96昨日の閲覧数:
  • 824先週の閲覧数:
  • 2098月別閲覧数:
  • 141367総訪問者数:
  • 3今日の訪問者数:
  • 72昨日の訪問者数:
  • 558先週の訪問者数:
  • 1462月別訪問者数:
  • 79一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014-04-21カウント開始日:
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.